準中型免許を取るための流れ【費用・期間・注意点】

運転免許取得の流れ
この記事は約6分で読めます。

準中型免許、まだ馴染みのない名前の運転免許ですが、今から運転免許を取る予定の若い人や会社の中で車両管理を行う人など様々な人に関わってくる免許です。

最近の20代の人は免許更新をすると免許証に準中型の記載と準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限るという条件が出てきて驚いた人も多いのではないでしょうか。

今回は準中型免許を取るための費用や期間、条件などについてまとめてみたいと思います。

「準中型免許」ってどんな免許?

準中型免許について

準中型免許は平成29年3月12日にできた新しい免許です

「準中型」と言う名前に馴染みがない人も多いと思いますが、準中型免許が新設されるまでの四輪の運転免許は

普通免許・中型免許・大型免許

の3つに分かれていました。

準中型免許は普通免許と中型免許の中間のサイズの免許として設定されたため、

普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許

の4つに区分されることになりました。

それぞれどんな車両が運転できるのかは、「乗車定員・車両総重量・最大積載量」で判断されます。詳しくは下記の一覧表を確認してみて下さい。

項目 普通 準中型 中型 大型
乗車定員 10人以下 10人以下 29人以下 制限なし
最大積載量 2t未満 4,5t未満 6,5t未満 制限なし
車両総重量 3,5t未満 7,5t未満 11t未満 制限なし

ちなみにこの三条件(乗車定員、最大積載量、車両総重量)はどれか一つを満たせばいいのではなく、あくまで三条件全てを満たした車両しか運転する事はできないということに注意して下さい。

「乗車定員・最大積載量・車両総重量」は車検証に記載されています。

「準中型免許」で運転できる車両について

準中型 運転できる

準中型免許で運転する事ができるのは上記の表のとおり、

  • 乗車定員:10人以下
  • 最大積載量:4.5t未満
  • 車両総重量:7.5t未満

となっています。あくまで運送関係の免許としては初級というイメージの免許になっています。

例として運転できる車両、運転できない車両の具体例を挙げておきます。

運転をすることができる車
  • 一般的に2tトラックといわれる車
  • コンビニ等の冷凍配送車など
運転をすることができない車

  • 一般的に4tトラックといわれる車
  • 高所作業車などの特殊車
運転免許なんでもQ&A管理人

※上記はあくまで例となっています。実際は車種によって異なりますのでよくご確認くださいね。

「準中型免許を取得する」ためには

準中型免許を作った理由の一つとしては、18歳の時点で少し大きいサイズのトラックを運転できる免許を作るという目的がありました。

準中型免許が作られる前は、普通免許の上のサイズは中型免許しか存在せず、トラックを運転できるようになるには必然的に中型免許の条件(20歳以上、2年以上の運転経歴)が必要になっていたのです。

高校卒業後に就職してから、なかなか配送、運搬の仕事ができないという問題を解決しようとしたわけですね。
では18歳から取ることが可能になった準中型免許の取得方法や流れについてみてみましょう。

準中型免許の適性条件の確認

準中型免許の適性条件を確認しましょう。

準中型自動車免許の適性条件

  • 年齢:満18歳以上
  • 視力:片目で0.5以上かつ両目で0.8以上 かつ 深視力検査
  • 聴力:両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの音が聞こえる
  • 運動能力:四肢の運動能力が確認できること

となっています。上でも触れていますが、準中型免許の適性条件の中で一番特徴的なのは18歳から取得が可能ということです。

今までは普通免許より大きいサイズを運転できる免許(中型・大型)を取得するためには最低でも20歳になっている必要がありました。それが準中型免許に関しては普通免許と同条件の18歳から取得できるというのは違和感すら覚えます。

それだけ人材不足になってきているということでしょうか。

年齢については仮免許試験当日に満18歳となっていれば良いため、17歳の人でも自動車学校に通うことは可能です。

ただし自動車学校には在校できる期限があるため、あまり誕生日より早い内から入校を希望すると断られる可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

視力はメガネやコンタクトを使用した状態でもOK。ただし免許証の条件に「眼鏡等」が付きます。心配な人は事前に相談したほうがいいかも知れません。

運転免許なんでもQ&A管理人

普通免許よりも視力の条件が厳しいことに注意しましょう。(深視力検査も難しいです)

準中型免許を取得できる自動車学校を探す

準中型免許を取るため自動車学校を選びましょう。

自動車学校の種類は通学制と合宿制の2つに分けられます。それぞれの特徴としては

通学制:

普通に仕事や学校に行きながら通う教習所。当然、住んでいる周辺の教習所に通うことになる場合が多い。

合宿制:

泊まり込みで通う教習所。最近では全国にあり、安価なことと短期間で免許が取れるためニーズも多い。短所は集団生活?

となっています。それぞれにメリット・デメリットがあります。それを理解した上で自分に合った教習所を選びましょう。

運転免許なんでもQ&A管理人

働きながら合宿に通う(その期間仕事を休む)のは大変。
それさえ可能ならば合宿免許が安価で早いのでおススメなんですが・・。

もともと普通車教習を主にしていた教習所では、準中型の教習を行っていない所も多いため、事前に確認しておきましょう。

所持免許で変わる「準中型免許」の基本コースは3つ。

準中型免許の取得方法は、現在持っている免許証の種類で以下の3コースに分けられます。

  1. 免許なしまたは原付のみ
  2. 普通免許(平成29年3月12日以降に取得(12日も含む)した人)
  3. 準中型免許(5t限定)

①免許なしまたは原付のみ

準中型免許は「免許なしまたは原付のみ」からでも取得することが可能です。
ただし非常に教習時間が長いコースになります。

  • 技能:41時限
  • 学科:27時限

また試験も普通免許を取る場合と同じく、

  • 修了検定(場内コース試験)
  • 仮免許学科試験
  • 卒業検定(一般道コース試験)

を受ける必要があります。普通免許コースに準中型免許の教習を+αしているようなコースとなっていますね。

②普通免許(平成29年3月12日以降に取得(12日も含む)した人)

  • 技能:13時限
  • 学科:1時限

規定の時限数以外に、試験として修了検定(場内コース試験)・卒業検定(一般道コース試験)があります。

このコースでは準中型の仮免許を取得するため、一般道コースも走ることになります。

③ 準中型免許(5t限定)

準中型免許(5t限定)→準中型免許という限定解除コースとなるため、教習時限は非常に短く済みます。教習時間は

技能:4時限のみ

となっており、試験も卒業検定(場内コース試験)のみとなっています。仮免許が存在しないため、自動車学校のコース内で全て終了となります。

準中型免許を取るには上記の3パターンが基本です。それぞれ持っている免許によって教習の時間が異なり、料金もそれに比例して変わってくるので注意して下さい。

「準中型免許を取るための流れ」のまとめ

準中型免許を取得する際には、まず自分が何の免許を持っているかを確認しておきましょう。(上で説明した免許だったとしてもそれにAT限定が付いていたりすると、コースが変わってきます。)

自分の持っている免許がハッキリわかったら、入る予定の教習所のHPを見たり直接電話で質問してみたりしましょう。

教習のコースによって準備するものが異なる場合もあるので、事前によく確認しておく必要があります。

コメント