大型二輪免許を取るための流れ【費用・期間・注意点】

運転免許取得の流れ
この記事は約6分で読めます。
大型二輪免許はバイクの最上位免許

大型二輪免許は二輪免許の中で最上位の免許となっており、バイク乗りにとって非常に人気が高く、憧れの免許となります。

大型二輪免許を持っていれば全てのバイクに乗ることが可能ですね。最初の内は普通二輪(中型バイク)に満足していた人も、バイクに乗り続けていると

もっと大きいバイクに乗ってみたいなぁ。

という気持ちになる場合も多いようです。

そんなバイク乗り憧れの「大型二輪免許」を自動車教習所で取るまでの流れについて紹介していきます。

自動車学校で「大型二輪免許」を取るまでの流れ

大型二輪免許を取るための適性条件

大型二輪 適性条件

まず大型二輪免許の適性条件について確認してみましょう。

大型二輪免許の適性条件

  • 年齢:満18歳以上
  • 視力:片目で0.3以上かつ両目で0.7以上
  • 聴力:両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの音が聞こえる
  • 運動能力:四肢の運動能力が確認できること

年齢以外の点は普通二輪免許と同じとなっています。

(普通二輪:16歳以上、大型二輪:18歳以上)

また普通免許の適性条件から聴力が免除している分、適性条件は低く設定されているといえます。

普通二輪免許を持っていれば、適性条件を気にする必要はありませんね。

今持っている免許でみる「大型二輪免許の取得コース」

大型二輪免許は

  1. 普通免許を所持
  2. 普通二輪免許を所持

と現在持っている免許で教習コースの内容や料金が変わります。よく確認しておきましょう。

普通免許を持っている場合:
技能の規定時限数:31時限
学科の規定時限数:1時限
普通二輪免許を持っている場合:
技能の規定時限数:12時限

となり、普通二輪免許を持っている人は短い時間数で大型二輪コースを始めることができます。

またどちらのコースの場合でも大型二輪免許には仮免許が存在しないため、教習中は一般道路に出ることはなく、全て教習所の中で教習は終了します。

また仮免許試験も存在しないため、技能の卒業検定のみ(卒業検定もコース内)が試験として設定されています。

ここではこの2パターンですが、これ以外にも小型二輪免許持ち→大型二輪免許や、普通二輪AT持ち→大型二輪免許など、細かく分けると様々な取得コースが存在します。

教習の時限が多い=教習料金も高くなるので、普通免許持ちに比べ普通二輪免許を持っている人のほうが安く、早く大型二輪免許を取得できるということになります。
運転免許なんでもQ&A管理人
 

ちなみに普通免許→大型二輪免許のコースを設定していない(必ず普通二輪を先に取得させる)という自動車学校もあります。

大型二輪免許で自動車学校に入校する前の「準備物」

大型二輪 準備

大型二輪免許は、四輪の免許に比べると準備が必要になります。例えば準備物として

  • 長袖・長ズボン 
  • 二輪用ヘルメット 
  • 二輪用グローブ
  • 二輪用シューズ 
  • 雨天時のカッパ

などが挙げられます。特にヘルメットやグローブなど有料で貸し出しだったり、インナーキャップは窓口で販売していることもあるので注意しましょう。

自動車学校によっては教習生に準備をお願いしているところもあるので、入校の申し込みの前によく確認していた方がいいですね。

ちなみに季節関係なく二輪は汗をかく可能性が高い(特に夏はすごい)ので、衛生面から考えても自分でヘルメットやグローブは準備したほうがいいと思います。

免許を取ってからお気に入りのバイクとおそろいで揃えたい・・!って人も、練習用と割り切って事前に安いものを買う方がおススメといえます。

バイク用品の通販なら【バイクマン】

大型二輪免許で自動車学校に入校する前の「心構え」

また二輪免許は心の準備も必要になります。

どれくらの補習が発生するかは運転適性によるところが多いため、取得までの時間・費用は人によって全く変わってきます。

絶対に大型二輪免許をとるぞ!

という思いを元に臨む必要があります。

補習や検定に落ちる割合は普通免許と比べ高いといわれています・・。

申し込みの前に確認しておきたいポイント(二輪編)

大型二輪免許の申し込みの際には以下の点をチェックしておきましょう。

  1. 二輪専用コース
  2. ヘルメットやグローブの貸し出し制度
  3. 着替える場所やシャワー室などの設備
  4. 補習や再試験料などのサービス制度
  5. 土日の卒業試験の実施

二輪専用コース

自動車学校の中には二輪の専用コースを持っているところが多く存在します。

専用コースではバイクしか走っておらず、安心して教習を受けることができるのに比べ、二輪専用コースがない自動車学校では教習車両(下手すると高齢者やトラック)が走っているコースで教習していくことになります。これは大きな違いですね。

専用コースを持っているところでは、最初のうちは専用コース、慣れてくると四輪と同じコースと段階的にしている自動車学校もあります。

ヘルメットやグローブの貸し出し制度

ヘルメットやグローブは貸し出ししている自動車学校も多いです。貸し出しがなければ必然的に自分で準備しないといけないので、

バイクを手に入れるために少しでも節約!

という人はよくチェックしておきましょう。

着替える場所やシャワー室などの設備

仕事帰りに二輪免許を取りたい!と考える人にとっては、着替える場所があるかないかというのは大きな差となります。

着替える場所がない教習所では自分の車の中で着替える羽目になるかもしれません。女性ライダー志望の方もよく確認したい部分です。

補習や再試験料などのサービス制度

やっぱり難しい二輪の教習。補習や不合格になった後に追加料金がどれくらいかかるかも事前に確認したいです。

土日の卒業検定の実施

仕事や学校に行きながらバイクの免許を取るぞ!

という人も少なくありません。ただ自動車学校の検定(試験)は日中しか行っていません。

平日休みの人は休んで検定を受けにいかなくて済むようによく確認しておきましょう。

平日しか検定がない自動車学校に通ってしまうと、卒業後の免許試験場に行くのも平日になるため、合計2回平日に休まないといけない可能性が出てきます。

バイクの教習料金が安いのには理由(ワケ)がある・・!?

大型二輪 料金

大型自動二輪の免許の教習料金(普通自動二輪持ち)は、だいたい¥40,000~¥100,000くらいのイメージです。

ちょっと価格差が広がりすぎじゃないですか。

そう、バイクの教習料金ってめちゃくちゃ価格差があるんです。

この理由には忙しい時期や平日限定、日中限定などのプランによる価格の差もありますが、

運転免許なんでもQ&A管理人

大型自動二輪の教習は複数の教習生で同時にできる!

ということが大きな原因となっています。

これは条件(教習の内容や、専用コースなど)によって異なりますが、条件さえ揃っていれば1人の二輪教官で最大3人までの教習生を教えることができるんですね。

都会や合宿:

1対3の教習(教官1:生徒3)

地方の教習所:

1対1の教習(教官1:生徒1)

となることが多いのが現状です。
 
一度にできる教習生の人数が違うため、地方に比べて都会や合宿の料金が非常に安い
という場合もあります。

少しでも安く、早く二輪免許を取得したいという人は、複数教習を行なっている都会や合宿の自動車学校がおすすめだと言えますね。

コメント