「準中型免許5t限定」と「普通免許」を簡単に見分ける方法

準中型5t 普通免許 見分ける運転免許の悩み解決
この記事は約6分で読めます。

僕が取得したのは普通免許だったのに、いつの間にか準中型免許になっている。運転できる車の大きさが変わったのだろうか・・?

という疑問の声が最近チラホラと聞こえてきます。

運転免許の種類の中にいつの間にか「準中型」が増えたことにより、非常にわかりずらくなっているんですね。

この記事では以下のようなことをわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事でわかること
  • 「準中型免許」とはなに?
  • 「準中型5t限定免許」と「普通免許」の見分け方
  • 「準中型5t限定免許」で運転できる車両のサイズ

準中型免許とは?

準中型免許(5t限定)の説明の前に、準中型免許の成り立ちについて簡単に紹介しておきます。

準中型免許は平成29年3月12日の法改正により新しく作られた免許です。

法改正前
  • 普通免許
  • 中型免許
  • 大型免許
法改正後
  • 普通免許
  • 準中型免許(←new)
  • 中型免許
  • 大型免許

そしてこの法改正のタイミングで普通免許の運転できる車両サイズが下がりました。

それまでの普通免許が

車両総重量 5t未満 最大積載量 3t未満

だったのに対して、新しい普通免許は

車両総重量 3.5t未満 最大積載量 2t未満

と、車両総重量と最大積載量が下がったのです。

しかし法改正以前に取得した普通免許の運転できるサイズを下げるわけにはいきません。もしそんなことをしてしまうと、

昨日まで運転できた車両が運転できなくなっちゃった・・!!

となったら困りますからね。そこで法改正前と法改正後の普通免許をハッキリ分ける必要があるのです。

そのため法改正前に取得した普通免許のことを準中型免許(5t限定)という名称に変更することになったのですね。

実際に比較すると以下のようになります。

準中型(5t限定)免許
平成29年3月11日までに取得した普通免許
普通免許
平成29年3月12日以降に取得した普通免許

しかしここで問題があります。

この準中型免許(5t限定)という免許、ちょっと免許証を見ただけではすぐにはわからないのです。

なぜでしょうか。それは準中型免許(5t限定)の人も免許証を書き換えるまでは「普通免許」としか免許証には記載されていないからなんです。

免許証の記載内容が変わるタイミングは以下となっています。

免許証が変わるタイミング
  1. 免許更新のとき
  2. 新たに他の免許を取得したとき
  3. 再発行したとき

の場合のみとなっています。

基本的には1の免許更新をするまで、準中型免許(5t限定)の人でも免許証を単純に見ただけでは普通免許にしか見えないのです。

じゃあ準中型免許(5t限定)と普通免許の見分けはつかないの?

大丈夫です。非常にわかりにくいですが、免許証のある場所を正確に確認することによって普通免許か準中型免許(5t限定)なのかを判別することが出来ます。

それでは準中型免許(5t限定)と普通免許の違い、見分け方について紹介していきましょう。

「準中型免許(5t限定)」と「普通免許」の見分け方

自分の免許は「普通免許」?「準中型免許(5t限定)」?

ここでは「準中型免許(5t限定)」と「普通免許」の見分け方を紹介します。

免許証の更新期間は最長5年ですので、平成34年頃までは免許証をパッと見ただけでは普通免許と準中型免許(5t限定)が区別出来ないという状態が続きます。

ちょっとした知識として覚えておいてくださいね。

「普通免許」か「準中型免許(5t限定)」かはここをチェック!

では免許証を取り出して見てください。

準中型5t 普通 見分ける

免許証の記載内容はこのようになっているはずです。この免許証で準中型免許(5t限定)と普通免許のどちらなのか見分けるには、

準中型5t 日付確認

この2点の日付を確認します。

上の枠線(交付)は交付日となり、この免許証がいつ交付されたのかが書いてあります。免許更新をする度にその更新日となりますね。

下の枠線(他)は基本的に四輪の免許を取得した最初の日となります。免許を取得してからまだ更新をした事がない人は基本的にこの2つが同じ日付になります。注目して欲しいのはこの【他と書いてある日付】

平成29年3月11日より前の人 ー 準中型免許(5t限定)
平成29年3月12日より後の人 ー 普通免許

となるのです。実際の免許証はこんな感じになっています。

普通免許としか書いていないですが、【他と書いてある日付】が平成29年3月11日より前なので、この免許証は準中型免許(5t限定)なのです。この人がこの先、免許の更新をすると下のようになります。

準中型免許(5t限定)の記載になるんですね。本当は変わっているけど、個人の免許証を変更するタイミングがないだけということになります。普通免許と準中型免許(5t限定)、ややこしい話ですが全く違う免許となっています。

運転する事ができる車の大きさが異なりますし、その後の上位免許を取得するための費用や手段にも大きな差があります。

特に微妙なサイズの車両を運転する際にはよく確認をして下さいね。

準中型免許(5t限定)で運転できる車について

準中型免許(5t限定)で運転ができる車とは

準中型免許(5t限定)で運転できる車
  • 乗車定員・・・10人以下
  • 最大積載量・・3t未満
  • 車両総重量・・5t未満

となっています。これは平成29年3月12日以前に取得した普通免許の条件と全く一緒となっています。

以前の普通免許を持っていた人が準中型免許(5t限定)に名称が変わっただけで、運転できる車の大きさは増えても減ってもいません。

普通免許で運転ができる車とは

普通免許で運転できる車
  • 乗車定員・・・10人以下
  • 最大積載量・・2t未満
  • 車両総重量・・3.5t未満

となっています。乗車人数は準中型免許(5t限定)と変わりませんが、最大積載量と車両総重量が減っているのがわかると思います。

この大きさでも普通の乗用車ならば多少大きい車(エルグランド、アルファード、外車など)でも問題ありません。

しかし、トラックなどの車両になると話は別です。

準中型免許(5t限定)と比較すると、乗る事ができる車両(特にトラックなど)がかなり制限されます。

この大きさの違いは運送業などで働く人にとってはかなり大きな差となります。

新普通免許は2tトラックにも乗ることができない場合が多いため、すぐに2tトラックを運転しないといけない仕事の人は「準中型免許」を取得する必要がありますね。

まとめ・・名称が変わっても乗れる大きさは変わらない

準中型(5t限定)免許と普通免許の見分け方、またそれぞれの運転できる車両のサイズなどについてまとめてみました。

余談にはなりますが、旧普通免許を持っていた人が免許更新を行い準中型免許(5t限定)と名称が変わったことで

これは運転できる車の大きさがアップしたのか!?

と思ってしまう場合があります。

運転できるサイズは免許更新前と全く変わっていません。

免許の内容を勘違いして5t限定ではない、準中型の車両を運転してしまわないように注意しましょう。

コメント