4分でわかる!【普通免許】と【準中型免許】のどっちにするべき?

教習所の選び方
この記事は約4分で読めます。

新しい免許である「準中型免許」について

準中型免許は平成29年3月12日に新設された免許

準中型免許は平成29年3月12日に新しく作られた運転免許です。

それまでの四輪の運転免許は

普通・中型・大型

の3種類でしたが、準中型が普通と中型の間に加わったことで

普通・準中型・中型・大型

の4種類に分けられるようになりました。

つまり、準中型は普通より少し大きい車が運転できる免許ってこと?

そうですね。準中型免許は普通免許より一つ上のクラスの免許とみて間違いありません。それでは準中型免許で運転できる車の大きさについて見ていきましょう。

準中型自動車免許で運転できる車のサイズ

  • 乗車定員:10人以下
  • 最大積載量:4.5t未満
  • 車両総重量:7.5t未満

となっています。比較として普通免許で運転できる車のサイズを上げると

  • 乗車定員:10人以下
  • 最大積載量:2t未満
  • 車両総重量:3.5t未満

となっています。こうして普通免許と比べると最大積載量や車両総重量が大きいサイズになっていますが、乗車定員については変わらず10人以下となっているということもわかりますね。

運転免許なんでもQ&A管理人

準中型免許を取得しても15人乗りなどのマイクロバスは運転できないので注意!

乗車定員最大積載量車両総重量
準中型免許10人まで4.5t7.5t
普通免許10人まで2t3.5t

準中型免許は【18歳】【免許なし】からでも取得できる免許

準中型免許の取得には下記の条件が必要となります。

準中型免許の適性条件

  • 年齢:満18歳以上
  • 視力:片目で0.5以上かつ両目で0.8以上 かつ 深視力検査
  • 聴力:両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの音が聞こえる
  • 運動能力:四肢の運動能力が確認できること

この適性条件の中でも特徴的なのは準中型免許は18歳からでも取得ができるということです。

平成29年3月12日以前は普通免許の上は中型免許or大型免許しかなく、その適性条件は

中型免許:満20歳以上かつ免許の経験年数2年以上
大型免許:満21歳以上かつ免許の経験年数3年以上

というものでした。つまりトラック等の大きな車を運転するためには普通免許を取得してから一定期間が経過していないと、取得条件すら満たせなかったのです。

しかし、こういった状況で次のような問題が出てきたのです。

高校卒業後すぐに運送業に就職した人たちが、

2年間以上もトラックを運転できないのでは仕事にならない!

というトラブルです。2年間事務仕事や、構内作業だけでは仕事になりませんよね。

そういった業界からの話もあり、18歳(高校卒業後)でもすぐにトラックが運転できるように準中型免許ができたという話もあります。

準中型免許は高校卒業後、運送関係に就職した人たちのために作られたともいえますね。

普通免許と準中型免許の取得を迷った場合にチェックしたいこと

「普通、準中型の段階取得」と「いきなり準中型」の料金の比較

18歳になるので準中型免許を取得したい!

という人は多いと思います。

あまり知られていませんが、準中型免許の取得方法は以下の2通りがあります。

  • 【免許なし→普通免許→準中型免許】の段階取得
  • 【免許なし→準中型免許】の一発取得

どちらの免許の取り方が良いのでしょうか?比較してみましょう。

免許なし→普通免許→準中型免許の流れ

まず段階的に取得するパターンについて見ていきましょう。

  1. 免許なし
  2. 普通免許取得
  3. 準中型免許取得

といった流れとなります。

免許なし→普通免許コース(技能34時限+学科26時限)

で一度普通免許を取得し、

普通免許→準中型免許(技能13時限+学科1時限)

となるため合計では

合計 技能47時限+学科27時限=74時限

となります。

免許なし→いきなり準中型自動車免許の流れ

免許無し→準中型免許(技能41時限+学科27時限)=68時限

普通+普通から準中型の2段階のコースでは、いきなり準中型を取るよりもかなり長いコース設定(技能が6時限も長い)になっているのがわかると思います。つまり料金も

運転免許なんでもQ&A管理人

「普通、準中型の段階取得」が高く、「いきなり準中型」は安い

ということになります。つまり

ぜったいに準中型免許が必要なんだ!!

という人はいきなり準中型を取りにいくのがおススメになります。

免許なし→準中型のコースは卒業して準中型免許を取るまで普通車も運転することができません。
普通車だけでも早めに運転しなければならない、という人は段階取得の方がいい場合もありますのでご注意ください。

普通免許と準中型免許の比較 まとめ

今から普通免許or準中型免許のどちらを取るかを迷われている人に関しては

  • すぐに車の運転したい人:普通→準中型の段階取得
  • すぐには免許は必要ない人:いきなり準中型

が比較の条件になります。

実際にはいきなり準中型免許の方が料金的にも安いのですが、いつまでに免許がいるのかどうか等、個人の条件に応じて考えてみて下さい。

運転免許なんでもQ&A管理人

合宿免許なら「いきなり準中型」でも短期で取得可能です。条件が合えば検討の価値がありますね。
入所から卒業までのプランも事前にHPで確認することができます。

おすすめの合宿免許比較サイト
免許合宿ライブ
免許合宿ライブ

提携校:全国約100校の自動車学校

免許合宿ライブはみんなのいきたい自動車学校がすぐわかる!のキャッチコピーからわかるように、現在のリアルな合宿免許の申込状況を知ることができます。

「リアルタイム申込情報」では高校生・学生・フリーターの人たちがどの自動車学校に申し込みをしたかがわかるようになっています。
また系統別のランキングもあるため

「合宿免許の選びかたがわからない・・」
という人におススメ!

※※キャッシュレス決済5%還元対象サイト!※※

合宿免許ドリーム
合宿免許ドリーム

提携校:全国約60校の自動車学校

目的別に探しやすいサイト
 〇 キャンペーンから探す
 〇 特集から探す
 〇 企画・目的から探す
 〇 行きたい地域
 〇 取得したい免許別
 〇 出発地(住んでいる場所)

など細かな条件で比較することができます。「早割り」「グル割」「学割」「団体割」などのサービスもあり。

【教習料金・宿泊料・食事代・往復交通費が全て込み】というのも、免許取得のための総額を確認するのにわかりやすいですね。

合宿免許受付センター

提携校:全国約60校の自動車学校

〇シンプルで見やすいサイト構成で探しやすい。
おすすめしているお得なプラン、
〇自炊&お食事フリーコース
〇オフシーズン一時帰宅コース
〇ひとりでおすすめコース
〇グループおすすめコース
〇限定日お得コース
〇ツインお得コース
など、要望に合ったお得なプランの自動車学校を探すのもカンタンです!

コメント