「中型免許(8t限定)」で運転できる車の見分け方と上位免許の取得方法

運転免許の悩み解決
この記事は約4分で読めます。

中型免許(8t限定)とは

中型免許(8t限定)とは、いわゆる昔の普通免許です。

平成19年6月1日までに取得した普通免許が乗れる大きさはそのままで名前のみが変わった免許となります。

普通免許の乗れる大きさは法改正のたびに少しずつサイズダウンしているのですが、その法改正までに取得した普通免許はそのままのサイズにしておくために、中型免許(8t限定)のような変わった名称がつくようになっています。

運転免許証を確認してもらうと「中型」の記載が右下にあり、条件の欄に

中型車は中型車(8t)に限る

という記載になっている人が、この中型免許(8t限定)の免許持ちの人になります。

ではこの中型免許(8t限定)では、どういった車の運転をすることができるのでしょうか。

最近では準中型免許(5t限定)という免許もありますが、同じく法改正のために生まれた旧普通免許ということになりますね。

中型免許(8t限定)で乗れる・運転できる車両について

中型免許(8t限定)のサイズ

中型免許(8t限定)の運転できるサイズの条件は

  • 乗車定員10人以下
  • 最大積載量5t未満
  • 車両総重量8t未満

となっています。この条件はいずれかを満たせば良いということではなく、あくまで3項目を全て満たす車両のみを運転することができる、ということに注意してください。

運転免許なんでもQ&A管理人

ちなみに以下にはその人数まで含まれるため、10人乗りはOKです。

中型免許(8t限定)で運転できる車

では実際に運転できる車の具体例をあげていきましょう。

  • 一般的な乗用車(いわゆる普通車)
  • 4tトラック
  • 10人乗りまでのマイクロバス

元普通免許なだけあり、一般的な乗用車は基本的に運転することが可能です。またいわゆる4tトラック(積載量が4t程度のトラック)も運転することができます。

運転免許なんでもQ&A管理人

昔の普通免許のため、逆にこの中型免許(8t限定)で運転できるような4tトラックが当時こぞって開発されたといってもいいかも知れません。

またハイエースやキャラバンなどの多人数乗りの車両についても、10人乗りの規格のものまでは普通に運転することが可能です。

中型免許(8t限定)で運転できない車

では逆に中型免許(8t限定)で運転することのできない車の具体例をあげていきます。

  • 4t以上の大きなトラック
  • 15人乗りなどのマイクロバス
  • 総重量が8t以上の特殊車両

は運転できません。特に間違えやすいのは最大積載量が8tのトラック、これはかなり大きなトラックとなるのですが8t限定という名前がついているので運転できると勘違いされやすいです。

またハイエースなどのマイクロバスの場合は、見た目がそこまで変わらなくても15人乗りのものも存在します。乗車定員の条件に引っかかるため、運転することはできません。

運転免許なんでもQ&A管理人

子供のスポーツチームの引率等でマイクロバスのレンタルをする時には注意が必要ですね。

中型免許(8t限定)より大きい車を運転するためには

中型免許(8t限定)を持っている人が

これじゃ仕事で使うトラックが運転できないよ・・。

となった場合は、上位の免許を取得する必要があります。この場合は2つの方法があるのでご紹介します。

中型免許の取得(8t限定の限定解除)

中型免許の8tの限定条件を限定解除し、純粋な中型免許にする方法です。

中型免許で運転できるサイズは

  • 乗車定員29人以下
  • 最大積載量6.5t未満
  • 車両総重量11t未満

となっています。自動車教習所でのこの限定解除コースは

  • 技能5時限
  • 試験1回

となっており、期間的にも費用的にも抑えられるコースとなっています。

大型免許の取得

上位免許である「大型免許」を取得する方法です。

大型免許で運転できるサイズは

  • 乗車定員、最大積載量、車両総重量ともに制限なし

となっています。四輪の運転免許では最上位の免許となります。

自動車教習所で中型免許(8t限定)を持っている人が大型免許を取得するコースは

  • 技能20時限
  • 試験2回

となっています。上記の限定解除と比べると長いコースで費用もかかりますが、最上位の免許を取得する、ということを考えると検討する価値はありそうです。

コメント