【どれくらい?】教習所を退校する場合の返金や払い戻しのルール

post=1411-1運転免許の悩み解決
この記事は約4分で読めます。

退校の場合に返金してもらえる?

免許取得のために自動車教習所に通っていても色々な事情で教習所を退校、転校しないといけない状況になることがあります。

例を挙げると

  • どうしても担当教官との相性が合わない。
  • 技能や学科の試験に合格することができない。
  • 引っ越し等の理由で通うことができない。

などでしょうか。

では教習所を退校する場合、支払った料金については返金はされるのでしょうか?

また返金されるとしたらどれくらいの金額が返ってくるのでしょうか?

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

ここでは教習所を辞めた場合の返金についてまとめて行きたいと思います。

教習所の料金について

教習所の料金の内訳

ではまず教習所の料金の内訳について考えていきたいと思います。

ここでは【免許なし→普通免許】を取得するコースを例として挙げていきます。一般的な教習料金の内訳としては

  1. 入学金(入所料)
  2. 教本代
  3. 適性検査料
  4. 写真代
  5. 学科教習料
  6. 技能教習料
  7. 検定料金
  8. 仮免許手数料
  9. その他諸費用
  10. オプション料金

などが挙げられます(その他諸費用はもっと細かく分けている教習所もあります)それぞれ説明していきますと、

入学金(入所料)

高校や大学の入学金と同じく、入学時の手数料となります。他にも申込金などの表現をしている場合もあります。

教本代

普通車に関する教科書代です。教習所によっても異なりますが、5、6冊程度を配るところが多く、数千円を設定しているようです。

適性検査料

入所時に必要な運転適性検査の料金となっています。教習所によってK2検査とOD式適性検査を行っているようです。

写真代

教習所の書類や仮免許証に必要な顔写真の料金です。教習所によっては必要ない(事前に教習生が準備する)場合もあります。

学科教習料

普通免許を取得するコースの学科教習の料金です。26時限の学科教習が必要になり、

1時限の学科単価×26時限

で算出することが多いです。

技能教習料

普通免許を取得するコースの技能教習の料金です。34時限の技能教習が必要となり、

1時限の技能単価×34時限

で算出することが多いです。

学科、技能ともに決められた単価はなく、各教習所で設定されています。

検定料金

技能検定を受けるための費用となります。普通車のコースの場合は

修了検定(仮免許を取得するための試験)

卒業検定(教習所を卒業するための試験)

の2つがありますのでその合計となります。

仮免許手数料

仮免許試験を受けるため、また仮免許証を発行するための費用となります。

現行の制度では2,850円となっており、その金額を設定している場合が多いようです。

その他諸費用

その他の細かい諸費用となります。例としては

  • 高速料金
  • 証明書発行手数料

などが挙げられます。

オプション料金

その他オプションの料金となります。スケジュール費用や短期プラン費用、また補習などの追加料金なしプランなどの追加費用となります。

オプションの内容、料金については教習所によって様々です。

返金してもらえる金額について

では上記の費用の中で、どれが返金してもらえる費用となるのでしょうか?

多くの教習所は原則的に以下のルールを設定していることが多いです。

未経過(終わっていない)ものについては返金するが、入学金は返金しない

という内容です。

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

やっていないものについては返す、という考えですね。

ではこのルールに当てはめて考えていきましょう。

返金されるものは

  1. 未経過の学科教習料
  2. 未経過の技能教習料
  3. 未受講の検定料金
  4. 未受講の仮免許手数料

ということになります。

逆に入学金や教本代、写真代などについて入校時に終了しているため返金されないと考えた方が良さそうですね。

教習が進んでいればいるほど返金額が少ない、というのもイメージできるかと思います。

まとめ

教習所を退校する場合の返金額についてはイメージできましたか?実際のところ金額は教習所に相談して計算してもらうしかありません。

しかしイメージとしては入学金や手数料と実施した教習分は返ってこないということがわかったのではないでしょうか?

思ったよりは返金が少ない、逆に思ったより多い、という場合もあるでしょう。

しかし転校などを考えている場合にはほとんど確実に入学金の二重取り(現在の教習所、転校先の教習所の両方に入学金を支払うことになる)になります。

できることなら、一度入った教習所で卒業してしまうのが最良の方法といえますね。

コメント