【ローン?現金?】自動車学校の料金の支払い方法まとめ【クレジットカード?】

この記事では自動車学校の教習料金の支払い方法についてまとめています。

運転免許を取るための教習料金、免許にもよりますが数万円~30万円程度は必要となってきます。住宅や車ほどではありませんが、なかなかの出費ですね。

この教習料金の支払い方法にはいくつか種類があります。その支払い方によってはポイントがついてオトクになったり、手続きがカンタンだったりする場合もあります。

事前に確認をしておきましょう。

目次

自動車学校の教習料金の支払い方法

教習料金の支払い方法は主に次のものが挙げられます。

教習料金の支払い方法
  • 現金一括払い
  • 進度ごとの分割払い
  • 自動車学校の提携ローン
  • クレジットカード決済
  • キャッシュレス決済

それぞれの支払い方法のメリットデメリット含め、詳しくみていきましょう。

現金一括払い

教習料金 現金一括

現金一括払いは、その名前の通り教習料金をまとめて一括で支払う方法となります。支払うまでの期限は、

  • 申し込み時
  • 入校日の前日まで
  • 入校日当日まで

としているところが多いようです。(実際は自動車学校によって異なりますので確認が必要ですね)

現金一括のメリット
入校時に全額の支払いが済んでいるため、後からの追加費用を気にする必要がない(補習などは別)
現金一括のデメリット
一度に全額を準備する必要があるため、それが貯まるまでは入校がスタートできない

進度ごとの分割払い

教習料金 分割

教習料金をまとめて最初に支払わず、教習の進度の度に少しずつ支払っていく方法です。

教習料金は大きく分けると、

  • 入学金
  • 技能教習料
  • 学科教習料
  • 検定料
  • 学科試験料
  • 教科書代など

に分けることができます。それぞれ必要になったときに、分割で支払っていくため一度に出るお金が少なく済むというメリットがありますね。

分割払いのメリット
まとめて大きな金額を準備する必要がない
分割払いのデメリット
その都度の支払いなので、総額がわかりずらい。また途中で支払いできなくなると教習もストップになる

自動車学校の提携ローン

自動車学校 提携ローン

教習料金を分割のローンで支払う方法です。自動車学校はローン会社と契約を結んでいることが多いため、原則その提携した信販会社でローンを組むことになります。

自動車学校の提携信販会社の例
  • 全日信販
  • エポスカード
  • セディナ
  • オリコ
  • ジャックス

どの信販会社も同じような金利設定や条件をしていることが多いですね。しかし、審査の通り安さが違ったり、中にはキャンペーンを行っていることもあるため、申し込みの際には自動車学校にどの信販会社がおすすめかを確認しておくとよいでしょう。

自動車学校の提携ローンのメリット
大金を準備する必要がなく、決められた額を月払いで設定できるため、まとまったお金がない人には便利。
自動車学校の提携ローンのデメリット
ローン手続きが面倒。金利が発生する。

クレジットカード決済

クレジットカード 教習料金

手持ちのクレジットカードで支払う方法です。現金を準備する必要もなく、クレジットカードの場合は審査もないため、便利な方法といえます。

またクレジットカードのほとんどはポイントが貯まるシステムとなっているため、30万円近い金額を支払うことで多くのポイントが期待できますね。

クレジットカード決済のメリット
クレジットカードのポイントが付く。その場で現金を準備する必要がない。
クレジットカード決済のデメリット
取り扱っている自動車学校が意外と少ない

キャッシュレス決済

教習料金 QRコード決済

PayPay などのQRコード決済で支払いをする方法です。QRコード決済が出てくるまでのキャッシュレスは上限が数万円程度までしかないものが多く、教習料金には使えない場合がほとんどでした。

しかし PayPay などのQRコード決済は上限がかなり高めに設定されているため、教習料金の支払いにも使用することができます。

キャッシュレス決済のメリット
国の補助事業のポイント(5%)が付く。金額が大きいためポイントが1、2万円付くこともある。
キャッシュレス決済のデメリット
PayPayなどのアプリをダウンロードする必要がある。取り扱っている自動車学校を探す必要がある。

自動車学校の料金の支払い方法まとめ

ここでは自動車学校の料金の支払い方法についてまとめてみました。

  • 現金払い
  • ローン
  • クレジットカード
  • キャッシュレス決済

などその支払い方法はさまざまです。準備できるお金や時期など、人によって条件は様々です。無理のないように、自分に合った支払方法を選ぶようにしましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる