【現金のみ?払うタイミングは?】自動車学校の教習料金の支払い方法についてわかりやすく

運転免許の悩み解決
この記事は約5分で読めます。

自動車学校の教習料金っていつ払うの?

SNSやインターネット上で結構目にする意見が

 

教習料金っていつ払えばいいの?
どんな支払い方法があるの?

分割は?ローンは?

 

といった「自動車学校の教習料金の支払い方法」についての疑問でした。

自動車学校の教習料金はいつ支払いをすればよいと思いますか?

実は支払いをするタイミングというものに特にルールはなく、各自動車学校によって異なります。例を挙げると、

  1. 入校申し込みの時
  2. 入校日の前日まで
  3. 入校日当日まで
  4. 教習の度に支払いをする

のパターンに分けられます。(最近4は少なくなってきていますね)

特に多いのは2の入校日の前日までですが、やはり自動車学校によって異なりますので、

詳しくは通いたい自動車学校に直接問い合わせてみて下さい。

ローンを組む場合は、事前に手続き完了が条件のところがほとんどです。

教習料金の支払い方法の種類を教えて?

では、教習料金の支払い方法はどういったものがあるのでしょうか?詳しくみてみましょう。

自動車学校の支払い方法はおおよそ以下のようになります。

  1. 現金での支払い
  2. 銀行振り込み
  3. 自動車学校の提携ローン
  4. クレジットカード
  5. ペイ払い(←NEW)

教習料金の支払い方法は、ほぼこの5パターンになってくるといっていいでしょう。また5のペイ払いについては今年から開始する自動車学校も多く、新しい支払方法といえます。

運転免許なんでもQ&A管理人

では各支払方法について詳しく説明していきましょう。

現金での支払い

一番オーソドックスな支払方法です。自動車学校の窓口へ行って、その場で教習料金を現金で支払うという方法です。

銀行振り込み

自動車学校の口座に銀行振り込みをする支払方法です。

事前に申し込みをしておいて、教習料金を確定した後に振り込むのが基本となります。自動車学校が振込用紙を準備している場合もあります。

注意したいのは、振込手数料はどちらの支払いになるかです。自動車学校によっては振込手数料を負担してくれる場合があります。

ネットバンキングならば手数料無料の場合も多く、24時間振り込み可能なため便利ですね。

自動車学校の提携ローン

自動車学校が提携しているクレジット会社でローンを組む支払方法です。主に一括で支払うことがで難しい人が取る方法です。

自動車学校ローンを行っているのはオリコやジャックス、全日信販などのクレジット会社が多いです。

では提携ローンのメリットやデメリットを上げてみます。

分割払いができる  ・・・12回、24回、36回など分割で月々の支払が可能です。

学生向けスキップ払い・・・高校生や学生対象のスキップ払いができるクレジット会社があります。秋口に自動車学校に通い始めて、月の支払いは4月の就職後に開始できるというものです。
(自分で教習料金を支払う人には便利なシステム)

金利が高い・・・提携ローンは金利が高く、10%~15%程度で設定されています。短期でのローンで、担保がないためしょうがないとは言えやはり高いです。

クレジットカード

JCBやVISAなどのクレジットカードで支払う方法。普通免許の教習料金は2、30万円程度が相場になるため、一括でも支払いが十分可能です。

クレジットカードのポイントは当然付くため、仮に30万円の教習料金で1%のポイントだっとしても3,000円分お得になります。また手続きもクレジットを切るだけのため、非常に簡単。

非の打ち所がない支払方法ですが、唯一の欠点が「自動車学校が対応していないところが多い」ということです。

なぜ対応していない所が多いのでしょう。それはクレジットカードは店舗側に手数料が発生するためです。自動車学校側がその手数料をデメリットに感じ、導入に至らないという場合が多いんですね。

ペイ払い

2019年になって流通してきたペイ払い、実は自動車学校でも使用できます。

調べてみると、自動車学校では特にペイペイを使えるところが多いようです。現状、ペイ払いに対してのポイント付与はかなり利率が高く、もし使用が可能であれば間違いなくペイ払いをした方がよいといえるでしょう。

また別の記事でも紹介していますが、2019年10月から開始された5%還元制度に自動車学校も対応しており、これを含めるとかなりお得に自動車学校に通えるのではないかと思います。

運転免許なんでもQ&A管理人

いま現在、一番おススメの支払い方法ではないでしょうか。

ちょっと変わった支払方法(新車リースとセット)

またちょっと変わった教習料金の支払方法も紹介します。2019年から開始されたサービスなのですが、

新車のリース料金+教習料金をセット

で支払うといった方法になります。

別記事で詳しく紹介していますが、コスモ石油のめんくるパックというものです。

最大のメリットと言えるのは、

  • 教習料金で〇〇万円
  • 車の購入費用で〇〇〇万円

と分けずに済むため、

頭金はいつ準備して、そのあとローンの支払い開始がいつで、でもその時には教習ローンは終わってるから・・。

と教習料金や、車の購入費用を別々に考えずに済むことです。

教習料金と車の購入費用で一律月〇万円、という考え方ができるので、非常にわかりやすく先が読みやすいですね。

コメント