【講習】原付免許を取るための流れ【学科試験】

運転免許取得の流れ
この記事は約2分で読めます。

原付免許でどんなバイクが乗れる?

二輪の運転免許は乗るバイクの排気量の数値で乗る事ができるかどうかが決まります。

50cc以下:原付免許

50cc超で400cc:普通自動二輪免許

400cc超:大型自動二輪免許

と分けられます。実際にはこれに小型限定やAT限定などの限定条件がついてさらに細分化されますね。

原付<普通自動二輪<大型自動二輪となるため、大きい二輪免許を持っていれば小さいバイクにも乗ることが出来ますね。大は小を兼ねる!

まず年齢などの適性条件の確認

原付免許 適性条件

まず自分が原付免許を取得できるかどうか確認しよう。

原付免許の適性条件


年齢:満16歳以上

視力:両目で0.5以上

聴力:両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの音が聞こえる

運動能力:四肢の運動能力が確認できること


視力はメガネやコンタクトを使用した状態でもOK。ただし免許証の条件に「眼鏡等」が付きますね。

原付免許は技能講習と学科試験が必要となります。

原付免許 技能講習 学科試験

原付免許の取得には、技能講習と学科試験を両方受ける必要がありますよ。

技能講習について

実施場所

県の運転免許試験場もしくは自動車教習所

費用

4,500円

講習時間

3時間

必要なもの

住民票、本人の確認ができる書類、二輪の運転のできる服装

学科試験について

実施場所

県の運転免許試験場もしくは警察署(県によって異なるためcheck!)

費用

3,550円(試験料1,500円+免許交付手数料2,050円)

必要なもの

住民票、本人の確認ができる書類、免許用写真(縦3センチメートル×横2.4センチメートル(1枚)無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)

運転免許試験場で技能講習を行っている県では、同日に技能講習と学科試験を実施すれば一日で原付免許を取れる場合もあるんだね。

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

教習所でしか技能講習を受けられない県も多いため事前にチェックしておきましょう。

コメント