仮免許があっても個人練習を「絶対にオススメしない」3つの理由

運転免許の悩み解決
この記事は約4分で読めます。

仮免許証を取得してから個人で練習したい

自動車学校に通っていて仮免許試験に合格した人や、免許試験場で一発試験(仮免試験)に合格した人は、仮免許証を手に入れていますね。

仮免許証を持っており、一定の条件を満たせば一般道でも運転の練習をすることが可能になります。

一発で卒業検定も合格したい!!

自動車学校の教官が怖いから、家族と練習しておきたい・・。

と人によって理由があるかとは思いますが、仮免許証を持って自主練習をすることは全くお勧めしません。

仮免許証での運転の条件がわからず、違反となってしまったり、事故をしてしまっては元も子もありません。

まずは一般道での運転をするための一定の条件をよく確認しておきましょう。

仮免許証で一般道を運転する条件

仮免許証持ちの人が一般道で練習をする条件は以下となります。

運転歴が3年以上の者を助手席に同乗させる

次の3つのどれかにあてはまる人を助手席に乗せるのが条件となっています。

  1. 練習したい車両を運転できる免許証を通算3年以上持っている者
  2. 練習したい車両の第2種免許を持っている者
  3. 練習したい車両の教習指導員

いずれもその助手席に乗せる人が練習時点で免許停止中などではないというのも条件となっています。

この条件に当てはまる人を探すのは簡単です。親か知り合いに頼めば通算3年以上免許を持っているという人はゴロゴロいるはずですからね。

仮免許練習中プレートを車両の前後に付ける

仮免許 練習中プレート

これが意外と難しい。単純に仮免許練習中と書いておけば良いというものではなく、プレートに細かい規定があります。

仮免許プレートの規定

プレートのサイズ縦17cm以上×横30cm以上
材料金属、木その他の材料を用い、使用に十分耐えるものとする
文字は黒色、地は白色とする
文字サイズ(仮免許)縦横4cm以上、文字の線の太さは0.5cm以上
文字サイズ(練習中)縦8cm以上、横7cm以上、

文字の線の太さ0.8cm以上

となっております。また掲げる位置にも細かい規定があり、

地上より0.4m以上1.2m以下

の場所に掲示する必要があります。

また位置の規定を満たしてもライトや屋根などを隠すような場所は不可となりますので、合わせてご注意ください。

お手製の紙やダンボールなどでこの仮免許練習中プレートを作成しているのを見たことがありますが、もし風で飛んだりしても違反となります。

自分で作らなくてもインターネットで販売もしているので、自作ではなく購入をおすすめします。(自動車教習所じゃ貸してくれないと思われます)

仮免許持ちでの個人練習はオススメできない3つの理由

仮免許 練習 オススメしない

上記ではいちおう、仮免許証持ちが個人で練習できる条件を述べましたが、

実際にはオススメしません。

その理由としては大きく3つがあります。

自主練習に意味があまりない

助手席に上記のような条件(3年以上の免許経歴)の人を乗せたとしてもアドバイスは期待できません。

運転の試験は当然ですがシビアなものです。果たしてその助手席に乗っている人は、合図を出し始める位置や、目視のタイミングなどをアドバイスできるでしょうか。

運転の試験に通るための練習というよりただドライブをしているだけ、という事になる可能性は高いと思われます。

一般の車には補助ブレーキがない

自動車教習所の教習車と一般の車はいろんな部分が異なっています。その中でも一番の違いは一般の車には補助ブレーキが無いことです。

逆に知り合いに頼まれて助手席に乗ること、気軽にOKしてしまいそうな人は要注意。運転手が焦ってアクセル全開にでもしようもんなら止める術はありませんよ

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

教官は緊急時には補助ブレーキ、助手席からハンドルを取るなどの回避行動を行う事ができます。

事故や違反の際のリスクが大きすぎる

仮免許練習中での事故や違反のリスクが大きすぎます。

例えば上記の仮免許練習中プレートを掲げていないのも違反になりますし、スピード違反や事故を実際に起こしてしまえば仮免許取り消しも十分ありえます

教習所に通っている人で仮免許取り消しになれば、下手したら退校処分の可能性も。

運よく退校にはならなくてもまた規定の補習教習を受けて仮免許を取り直す必要も出てきます。

また仮免許練習中の事故で自動車保険の適用が可能かどうかもリスクの一つです。

親や兄弟ならばその人の自動車保険でもしもの利用が可能かもしれませんが、友人や会社の人間の車だったらまず使えないでしょう・・。

自主練習の際は自動車保険が使えるかどうか必ず確認しておきましょう。

コメント