新たに免許を取得した場合の「免許証の有効期限」はどうなるの?

運転免許の悩み解決
この記事は約5分で読めます。

よく免許証のことで疑問に上がること、それは免許証の有効期限についてです。

普段は免許証の表に書いてある「有効期限」欄を見ればわかることですが、二輪やトラックの免許を新たに取得した時、免許証の有効期限はどのように変わるのでしょう。

そのまま変わらない?

それともそこから数年伸びる?

またゴールド免許になるかどうかの基準についても気になります。

新規に免許を取得した場合、新しくなった免許証の有効期限はいつになるのか等についてまとめていきましょう。

「免許証の有効期限」について

「免許証の有効期限」の決め方のキホン

まず「免許証の有効期限」の決め方について確認してみましょう。免許証はその人の環境にもよりますが、基本は以下のようになっています。

免許証の更新期間:3年or5年

となっています。(70歳以上の高齢者の人は別)

では仮に3年の更新期間の人の場合はどこを基準に計算をされるのでしょう。

試しにいま自分の持っている免許証を見てみてください。有効期限は免許を取った日から3年とか5年ではなく、自分の誕生日の約1ヶ月後になっていると思います。

つまり免許の更新期間の計算方法は、取得日から丸3年とか丸5年ではありません。

免許証の有効期限の計算方法

免許を取得した日から「誕生日を何回迎えたか」で計算される

免許を取得してすぐに誕生日、という人はちょっと期間が短くなって損をしたような気分になりますが、免許の取得日から3年となっていると本人にとってもわかりにくいですね。

新たに免許を取得した際の有効期限の決め方は?

では本題に戻ります。仮に普通自動車免許を持っている人が自動二輪の免許を新たに取得した場合、新しい免許証の有効期限はどうやって決まるのでしょうか。

免許の追加は新規に免許証を作成するということになります。例を挙げてみますと

18歳で普通免許取得→21歳で最初の免許更新

が通常の流れとなりますが、仮に20歳で普通二輪の免許を取得すると

18歳で普通免許 → 20歳で普通二輪 → 23歳で初めての免許更新

となります。(実際には誕生日と免許取得日で誤差が出ますので注意)

二輪の免許を取ってすぐ半年後に免許更新!みたいなことはありませんので安心して下さいね。

自動車学校は卒業したけど「あと少しで免許更新」の時はどうする?

免許の追加 有効期限

では大型自動車や二輪の免許を取るために自動車教習所を卒業したけれど、あとほんの少しで免許の更新期間だった・・!

そんな時はどのタイミングで大型や二輪の免許を取得しにいくのが一番いいのでしょうか?

「誕生日を過ぎて」から上位免許の追加をするのが一番いい

上記のようなほんの少しで更新期間!という人は誕生日以降(誕生日含む)の免許の追加をおすすめします。なぜなら上で書いているように免許の有効期限は

免許を取得した日から誕生日を何回(3回or5回)迎えたかで計算される

ため、更新期間が近い人が免許を追加した場合には、いつ行くかで下手をすると1年近い差がでてきます。

例:誕生日が5/15(免許更新期間がH30/4/15〜H30/6/15)
  ※次は3年の更新期間
5/14に免許追加の場合
次回有効期限:
H32/6/15となります。
5/15に免許追加の場合
次回有効期限:
H33/6/15となります。

んと1日免許を追加しに行くのが違うだけで、ほぼ1年近くも有効期限が変わってしまうんですね。これは知らないと損をしてしまいそうですね。

大型自動車や二輪などの上位免許の取得希望で免許更新が近い人は事前にチェックしてみてくださいね!

「免許の追加」と「ゴールド免許の計算方法」

ゴールド免許について

ゴールド免許 免許の追加

では続いて免許の追加ゴールド免許の関係について紹介していきましょう。

まずゴールド免許の条件ですが

免許継続期間5年以上で、基準日前5年間無事故無違反、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない方

※警視庁HPより引用

とあります。5年間の無事故無違反、安全運転な方と捉えることができますね。

優良運転者という言い方もされ、更新時の講習が短いことや地場の警察署でも免許更新が可能です。

また自動車保険でもゴールド免許を持っていると保険料が優遇される、というのも一般的になっています(優遇率は保険会社によって異なります)

ゴ、ゴールド免許が早く欲しいぜ・・!

となるのも理解できますね。

ではこのゴールド免許がもらえるのはどのタイミングになるのでしょう。普通に過ごしていると、免許証が切り替わるタイミングは免許更新の時しかありません。なので

ゴールド免許の基準(免許更新)

免許更新のときの誕生日41日前から過去5年間に無事故無違反

ということになります。これはゴールド免許になるかどうかの判定を誕生日の40日前に行っているから、と言われています。(今の免許更新の期間は誕生日1ヶ月前からになっているためその10日前ともいえますね)

免許更新のときに自分はどうだろうか?という人はこれを基準に考えてくださいね。

では上位免許を取得した時などの免許の追加の場合はどうでしょう。この場合、

ゴールド免許の基準(免許追加時)

免許追加の日から過去5年間に無事故無違反

とされています。日数にも若干の違いがあるため注意してくださいね。

免許追加の時期を間違えると何年も余計にゴールド免許が取れない?!

ではゴールド免許期間の失敗?事例をひとつご紹介。


Aさん(12月生まれ)はこの平成30年12月の免許更新でピッタリ5年の無事故無違反。ゴールド免許になる予定です。

ただ普通二輪の免許が欲しいAさん、平成30年6月に自動車教習所を卒業し、普通二輪の免許を追加しました。手に入ったのは、平成34年まで有効期限のブルー免許証でした・・。


このような事例は実際に存在します。ゴールドやブルーの判定があくまで免許証の取得する時なので、こんな場合があるんですね。

このAさんの場合、普通二輪の免許取得した為にブルー免許証の期間が4年も長くなる(その期間中自動車保険の割引は効かない)結果となりました。

Aさんが早めにゴールド免許を手に入れるには平成30年12月以降に他の免許を取得するしかありません・・。

まとめ:上位免許の追加の際はその「タイミング」にも注意しよう

どうだったでしょうか?トラックやバイクなどの上位免許を取りに行く時には、

早く新しい免許が欲しいぜ・・!

と新しい免許を急ぐ気持ちから、ついつい見落としがちになりますが、その免許の追加のタイミングで

  • 免許更新の年数が変わってくる
  • ゴールド免許の期間が変わってくる

可能性が十分にあります。更新年数もゴールド免許もお金が絡んでくる重要な部分になりますので、上位免許の追加の際にはちょっと思い出してチェックしてみてくださいね。

コメント