【代理人申請】本人が行けない時に家族が免許証の住所変更をするためのやり方

運転免許の悩み解決
この記事は約2分で読めます。

免許証の住所変更になかなか行く時間がない・・!

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

免許証の住所変更は家族の代理人申請も可能ですよ。

免許証の住所変更方法【家族の代理申請】

住所変更 代理人申請

住所変更の正式名称

免許証の住所変更手続きは正確には、運転免許証記載事項変更手続きといいます。

免許証に記載された内容を変更するということですね。他にも氏名変更や本籍変更も同じく、この手続きを踏むことになります。

申請場所

県によって様々ですが、

  1. 運転免許試験場
  2. 警察署
  3. 免許更新センター

などで行うことができます。

県をまたぐ住所変更の場合は、引越し先の県の警察で手続きが必要です。

申請可能な時間

基本的に平日の日中(8:30〜17:15としている場合が多い)となっています。

免許試験場などで土日に行っている場合もあるようですが、警察署等は基本平日となっています。

代理人が申請する際に必要なもの

代理人が住所変更手続きをする際に必要なものは

  1. 住所変更が必要な人の運転免許証
  2. 申請書(申請場所に置いてあるものに記入します)
  3. 住所変更をする人と代理人が一緒に記載された住民票
  4. 住所変更をする人の自署押印のある委任状
  5. 代理人の本人確認書類

があればほぼ完璧といえます。県によっては3の併記された住民票があれば、委任状まで求めないところもありますね。

運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

住所変更のみなら交番でできる県なども存在し、県によって異なる部分が多いイメージです。実際に持って行く前には警察署に確認した方が間違いないかも。

上記では家族が申請することを前提としています。他人(彼女など)が申請することも可能な自治体(委任状は必須でしょう)もあります。事前に確認してみてください。

コメント