自動車学校で「教官の指名」のメリットはあってもデメリットは存在しないってホント?

教習所の選び方
この記事は約5分で読めます。

普通免許を取ろうと思うけど、色々迷うことが多いなぁ。通学にするか合宿にするか、料金プランが安いとこにするか・・?

運転免許なんでもQ&A管理人

ちょっと待ってください。

教習所選びも重要ですが、担当指導員(教官)選びは、それ以上に重要なポイントなんですよ。

「自動車学校選び」より「担当教官選び」が重要な理由

自動車学校で大事なのは「担当教官」との相性

みなさんは自動車学校をどのようにして選ぼうと考えていますか?

教習車が新しい、教習料金が安い、コースが綺麗などなど、自動車学校を選ぶ要素はたくさんあります。

ただちょっと気をつけてください。

実はみなさんの自動車学校生活が楽しいものになるかは、今挙げた内容(教習車・教習料金・コースの綺麗さ)はそこまで関係ありません。(あまりにも条件が酷い教習所は別ですが・・)

自動車学校生活が楽しい、よかったと感じられるかは、ほとんどの場合が担当教官次第なんです。

いくら自動車学校設備が最新のものを使っていて、教習車がレクサスやアウディみたいな高級車だったとしても、隣で教えてくれる担当教官との相性が最悪だったら・・、

あなたの自動車学校生活は一気に最悪なものになってしまいます。

これから自動車学校に通う予定の人たちが、できるだけ担当教官で悩まないで済むための「教官の指名制度」について詳しく説明していこうと思います。

\「失敗しない自動車教習所の選び方」はコチラ/

教習車(密室空間)の時間が長すぎる・・。

担当教官 ずっと一緒

なぜ担当教官によって教習所生活が天国にも地獄にもなる可能性があるのか」

というのを皆さんに説明しますね。

それを理解するために、まず普通免許を取るための教習時間について知っておきましょう。

普通免許を取得するために必須とされる運転の教習時間は以下のようになります。

普通免許(MT):34時限       普通免許(AT限定):31時限
MTでもAT限定でも、30時限以上の運転が必要となるんです。
「へぇ~、そうなんだ・・」と軽く思いがちですが、よく考えてみて下さい。
運転免許なんでもQ&A管理人

教習車という密室空間に30時間以上ですよ!?

家族や仲の良い友人なら30時間でも40時間でも同じ車に乗っていてもおそらく問題ないでしょう。

しかし、よ〜く考えてみてください。知り合いが教官などの特殊な条件を除けば、ほぼ間違いなく教官は初対面です。

初対面の教官と非常に相性がよく、フレンドリーで話題が合うとしてもそんなに苦にはならない程度でしょう。

しかしその教官が

  • 全く喋らず、教習中ずっと無言
  • 意味のわからない世間話をしてくる
  • ずっと怒っている

といった状態だったらどうでしょう。どんなに控えめにいっても最悪です。

ぜんぜん自動車学校面白くなかった・・。

もう免許をとるの辞めたい。

などという「自動車教習所が最悪だった話」というのはよく聞きますが、そのほとんどが

担当している教官に原因があった

ケースがほとんどを占めているのです。

運転免許なんでもQ&A管理人

次はそういった状況にならないための対策についてお伝えします。

カギになるのは「担当教官の指名制度」

ハズレを引かないための「担当教官の指名」

では上記のような教官とのトラブルに合わないための方法についてです。

ほとんどの自動車教習所には「教官の指名制度」が存在します。公にはしていなくても相談すれば対応してくれる教習所が多いですね。

実はこの指名制度こそが、教官とのトラブルを未然に防ぐ一番の方法といえます。

教官の指名制度について簡単にまとめると

担当教官の指名制度とは・・

自動車教習所に「◯◯指導員が良い」と担当を決めてもらう制度。知り合いの紹介などがあれば入所前から指名することもできる。

指名をすることでプラス料金がかかるような教習所もほとんど存在しないため、教習生にはデメリットがない制度といえます。

指名を受けると「担当教官」も嬉しい。

では実際に教官の指名をした後はどういった流れになるのでしょうか。

教習をするためのシステムはその自動車教習所によって異なりますが、一般的には担当制随時制というふうに分類されます。

担当制:

ほとんどの技能教習を担当した教官がおこなう。教習の進み具合や試験のことなども担当と打ち合わせをして行うことが多い。

指名がない場合だと、教習所側からランダムに担当教官を充てられてその人が最後まで担当となるパターンがほとんど。

担当教官と相性が合わないと最悪

随時制:

担当教官が決まっていない制度。ネット予約で管理されていることが多く、教習のたびに違う教官がその時間を担当することとなる。

相性などは気にせず教習が受けられる(今回嫌でも次は違う教官かも)のがメリット。

毎回「はじめまして」の自己紹介からスタートするのが苦痛というのがデメリット。

ここで言えるのは教習所がどちらの制度で行っていたとしても、普通の教習生はその教官からすると「上司や会社に適当に振りあてられた教習生」を教えるようになります。

それに比べると指名をしてくれた教習生は「わざわざ自分を選んでくれた教習生」となるわけです。どんな仕事をしていてもそうですが、指名客にはいい対応をしてしまうのは当たりまえですね。

また教習所によっては教官の指名に対してインセンティブ(報奨制度)を実施している場所もあります。(指名が多い教官に報酬を出す制度)

給与という面からでも指名を受けた教官は嬉しいものですね。

運転免許なんでもQ&A管理人

指名をしてくれた生徒はいい意味で特別扱いする可能性が高い!

結論:「教官の指名制度」は必ず使った方が良い!

教習所で教官を指名することのメリットはたくさんあるのに対し、デメリットはほぼないといえます。必ず使用することをおすすめします。また既に教習所を卒業してしまって

もう教習所は行かないし、関係ない!

という人でも兄弟や知り合いにも指名制度を勧めてみてください。きっと喜ばれますよ。

また教官の指名制度については、普通免許を取る時だけでなく普通二輪免許や大型免許など、上位の免許を取得する場合にも使えます。

運転免許なんでもQ&A管理人

ぜひ教官の指名をしてみてくださいね!

教習所を選ぶ際には、多少面倒でもその教習所を卒業している知り合いを探してみましょう。その教習所の経験者に良い教官を聞くのが一番の近道かもしれません。
おすすめの合宿免許比較サイト
免許合宿ライブ
免許合宿ライブ

提携校:全国約100校の自動車学校

免許合宿ライブはみんなのいきたい自動車学校がすぐわかる!のキャッチコピーからわかるように、現在のリアルな合宿免許の申込状況を知ることができます。

「リアルタイム申込情報」では高校生・学生・フリーターの人たちがどの自動車学校に申し込みをしたかがわかるようになっています。
また系統別のランキングもあるため

「合宿免許の選びかたがわからない・・」
という人におススメ!

※※キャッシュレス決済5%還元対象サイト!※※

合宿免許ドリーム
合宿免許ドリーム

提携校:全国約60校の自動車学校

目的別に探しやすいサイト
 〇 キャンペーンから探す
 〇 特集から探す
 〇 企画・目的から探す
 〇 行きたい地域
 〇 取得したい免許別
 〇 出発地(住んでいる場所)

など細かな条件で比較することができます。「早割り」「グル割」「学割」「団体割」などのサービスもあり。

【教習料金・宿泊料・食事代・往復交通費が全て込み】というのも、免許取得のための総額を確認するのにわかりやすいですね。

合宿免許受付センター

提携校:全国約60校の自動車学校

〇シンプルで見やすいサイト構成で探しやすい。
おすすめしているお得なプラン、
〇自炊&お食事フリーコース
〇オフシーズン一時帰宅コース
〇ひとりでおすすめコース
〇グループおすすめコース
〇限定日お得コース
〇ツインお得コース
など、要望に合ったお得なプランの自動車学校を探すのもカンタンです!

コメント

  1. 釈圭優 より:

    四輪の教習所に1人だけうざい先生がいて、指名制度ないから教頭に「その先生だけは勘弁してくれ」と頼んだら、「入校式の適性検査の結果をもとに教官を決めている、子供じゃないんだから甘ったれるな」と言われました。

    • 運転免許Q&A管理人kyoukan より:

      釈圭優 さん

      コメント有難うございました。
      今回は嫌な思いをされましたね。そういった悪い対応をする教習所がまだまだ存在します。閉鎖的な業界のため、そんな他の業界ではありえない事が今でもあるのです。

      しかし最近ではTwitterなどの普及もあり、少しずつはマシになってきていると感じています。その「うざい先生」も以前はほとんどの生徒が泣き寝入りしていた(釈圭優さんのように訴えても潰されていた)状態だったと思いますが、今はSNSですぐに噂は広がっていきます。

      いつの間にかその「うざい先生」や「悪い対応の教習所」はなくなっているかもしれませんね。