【費用は?】いきなり「大型二輪免許」を薦める4つの理由【難しい?】

運転免許コラム
この記事は約5分で読めます。

段階取得より「いきなり大型二輪」が絶対オススメな理由

どうせ取るなら「最初から大型二輪」

大型自動二輪免許、バイクなら大きさの制限がないバイクの最上位免許です。

「どうせなら大きなバイクに乗りたいな・・。」

と思っている人ならば最終的に取得を目指したい、憧れの免許でもあります。

でも皆さん「最初から大型二輪は無理だから、まずは中免(普通二輪免許)から取ろう!」と思っていませんか?

それは大きな勘違い!

運転免許なんでもQ&A管理人

実は普通二輪(いわゆる中免)を取らなくてもいきなり取得することは可能です。

ここではみなさんにいきなり大型二輪免許を取得することのメリットをご紹介します。

大型自動二輪免許について(適性条件)

大型二輪免許 適性条件

その前に、おさらいとして大型自動二輪の適性条件を挙げておきます。

年齢:満18歳以上

視力:片目で0.3以上かつ両目で0.7以上

運動能力:四肢の運動能力が確認できること

ここで気になるのは年齢制限。いわゆる中免(普通二輪免許)は16歳からの取得が可能です。大型二輪は中免よりも年上の18歳にならないと取得できないのにご注意下さいね。

いきなり大型二輪の教習時限数

普通免許を持っている人の大型自動二輪取得コースの時間数は以下となります。

普通免許→大型二輪の場合
技能の規定時限数:31時限
学科の規定時限数:1時限

なんと技能の時間が31時限もあります。これは免許がない人が普通車(AT限定)を取るコースと同じ時間数と一緒なんです。

いきなり大型二輪が大変なコースである事もこの時間数でもわかりますね。(まあバイク初心者が大型バイクに乗れるようになるコースですから当たり前と言えば当たり前です)

大型二輪(段階取得)の教習時限数

では普通免許→普通二輪免許→大型二輪免許、と段階取得した場合の時限数をみてみましょう。
普通免許→普通二輪の場合
技能の規定時限数:17時限
学科の規定時限数:1時限
普通二輪→大型二輪の場合
技能の規定時限数:12時限
学科の規定時限数:0時限
段階取得では上記を合計した数の30時限(技能と学科合わせて)となりますね。これはいきなり大型二輪に比べて2時限少ない時限となりますね。

いきなり大型二輪が良い4つの理由

ではいきなり大型二輪をおすすめする4つの理由をご説明します。

理由その1:免許証の交付が1回で済む

普通二輪→大型二輪と段階を踏んで免許を取得した場合、

  1. 教習所で普通二輪のコースを卒業
  2. 免許センターで普通二輪の免許証交付(平日のみ)
  3. 教習所で大型二輪のコースを卒業
  4. 免許センターで大型二輪の免許証交付(平日のみ)

といった流れになります。平日に免許センターに行く必要が2回あるという事ですね。

これは土日休みの人だと案外面倒くさい。有給を取得していく事になるかもしれませんからね。

これがいきなり大型二輪の場合、

  1. 教習所で大型二輪のコースを卒業
  2. 免許センターで大型二輪の免許証交付(平日のみ)
となり免許センターに行く回数は一回で済みますね。
運転免許なんでもQ&A管理人
運転免許なんでもQ&A管理人

免許証を交付してもらうためだけに2度も会社を休むのは正直もったいないです。

理由その2:卒業検定が1回の受験でOK

自動車教習所における二輪免許の取得コースは、いずれにしても卒業検定のみとなっています。つまり普通二輪と大型二輪を段階的に取得する場合には

・普通二輪の卒業検定
・大型二輪の卒業検定

で2回の卒業検定を受ける必要が出てきます。これに比べるといきなり大型二輪コースでは

・大型二輪の卒業検定

の1回のみで済むわけですね。テストの回数はやっぱり少ない方がいいですよね・・。

理由その3:「いきなり大型二輪」は免許証を見ればすぐわかる

実は運転免許証を見ると二輪の免許を

  • 段階取得(普通→普通二輪→大型二輪)
  • いきなり大型二輪(普通→大型二輪)

のどちらで取得したのかは一発でわかるようになっています。

段階取得の場合

運転免許なんでもQ&A管理人

種類のところに「大自二」「普自二」の両方が記載されているね。

いきなり大型二輪の場合

運転免許なんでもQ&A管理人

こっちの免許証には「大自二」しか記載されていない!

これを見る人が見れば

おっ、この人いきなり大型二輪を取得しているな!

とわかっちゃう訳です。ちょっと自慢ですね。

逆に「全ての免許欄を埋めたい」人には段階取得をおすすめします。

理由その4:教習所内で大型バイクに多く乗ることができる

いきなり大型二輪コースを選択した場合は、その教習(31時限)のほとんどを大型バイクで行うことになります。

逆に段階取得を選んだ場合は、

  • 中型二輪での教習で17時限
  • 大型二輪での教習で12時限

となっているため、大型バイクに乗る回数が圧倒的に少なくなってしまうわけです。

運転免許なんでもQ&A管理人

どうせ大型バイクに乗るつもりなら、教習所で大型バイクに乗る回数が多い方がいいですよね。

大型二輪コースがある教習所を見つけよう!

ここまでみなさんには「いきなり大型二輪」のメリットをご紹介しましたが、実際にはいきなり大型二輪コースが存在しない教習所もあります。

理由としては

  • バイクを乗ったこともない人がいきなり取るのは難しい
  • 初心者に大型バイクをいきなり乗せるのは危険

などの考えで、いきなり大型二輪コースを設定しない教習所が多いようです。

しかし逆に、

  • いきなりの方が技能教習の回数が長いため、教えやすい
  • どうせ取得するならいきなりの方が教習生のためになる

といった考えの教習所も存在するようです。コースは各教習所によって様々ですので、

運転免許なんでもQ&A管理人

通いたい教習所にいきなり大型二輪コースがあるかどうかは、HP等で確認してみましょう!

コメント