「合宿免許」と「通学免許」はどっちがおすすめ?【それぞれの特徴とメリットデメリット】

合宿免許 通学免許 どっち合宿免許と通学免許
この記事は約5分で読めます。

この記事に書いてあること

合宿免許と通学免許の特徴や、それぞれのメリットデメリットについて説明しています。どちらに通うのか迷っている人の参考になれば幸いです。

運転免許の取得を考えている人たちの頭を悩ませること、それは「合宿免許と通学免許のどちらに行けばよいのか?」という問題です。ここではそれぞれのメリットデメリットを含め、どちらがおすすめになるのかを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

自動車教習所は「合宿免許」と「通学免許」に分けられる

運転免許を取得する人たちの多くは自動車教習所に通っていくことになります。その時にまず考えなければならないのが、「合宿免許」「通学免許」のどちらで免許を取るかということです。

「合宿免許」と「通学免許」の特徴は以下のようになります。

合宿免許

合宿型の自動車教習所のこと。教習所が準備した寮やホテル、下宿先などで泊り込みをしながら教習所に通うシステム。最短で卒業までのスケジュールが組まれることが多い。

通学免許

いわゆる近所の自動車教習所のこと。普通に生活をしながら、教習所に通って免許を取るシステム。仕事や大学や高校などと並行して進められるのが特徴。

合宿免許のメリットデメリット

合宿免許のメリット

合宿免許のメリット
  • 短期間での免許取得が可能
  • 免許取得費用が安い
  • 旅行気分が味わえる

普通免許の場合、合宿免許では2週間程度でスケジューリングをしているのが一般的です。この2週間というのは法律上で最短で免許を取得できる期間となっていますので、まさにその期間で免許が取れるわけですね。

また免許取得費用が安い、というのも大きな特徴です。宿泊費用や食事費用などがかかることを考えると本来なら割高になりそうですが、とにかく安い。この価格のメリットで合宿免許を選ぶ人も少なくありません。

また旅行気分が味わえるというのも合宿免許ならではのメリットです。合宿免許は特に場所の決まりはないため、関東でも北海道でもどこの合宿免許でも通うことが可能です。せっかく2週間の泊まりこみならば、普段行けないような場所を選ぶのもアリではないでしょうか。

合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリット
  • 2週間のまとまった休みが必要
  • 免許取得までの期間が短期すぎて追いつけない

合宿免許は確かに最短日数での免許取得を可能にしていますが、その期間中に途中で帰ることなどは原則できません。つまり社会人や学生さんでも普段の生活から2週間のまとまった休みを取る必要があるということですね。

また免許取得までの期間が最短になっているため、そのペースに自分が追いつけなくなるという心配もあります。入所から仮免試験までは、1週間程度で進みます。その期間中に試験に合格できるように勉強も運転も学ばないといけないため、かなり頑張る必要もあるといえるでしょう。

通学免許のメリットデメリット

通学免許のメリット

通学免許のメリット
  • 仕事や学校と並行して免許取得ができる
  • 自分のペースで進められる

通学免許は家の近くの教習所に通うため、仕事や学校帰り、休日などを利用して免許取得を進めることが可能です。現在の生活に+αの時間を取るだけで済むので、負担は少ないといえます。

また通学免許の場合は自分で教習予約したり、担当教官と打ち合わせしながら進めていくのが一般的な流れです。私生活が忙しい時期などは通う頻度をペースダウンしたりして調整しやすいというのもメリットといえますね。

通学免許のデメリット

通学免許のデメリット
  • 免許取得までに時間がかかる
  • 自分で教習予約を取るのが面倒

通学免許のデメリットはやはり免許取得までに時間がかかるということです。普通免許を取得するまでに1、2ヶ月程度は平均としてかかるイメージです。仕事や学校と並行しているため、仕方がない部分ですが、早く免許を取得したいという人にはデメリットとなります。

また夏休みや高校生の卒業前などの繁忙期ではもっと期間がかかるため、通学免許を希望している人はその時期は外して検討した方がよいですね。

また通学免許では教習予約を毎回取る必要があります。ネット予約や担当と打ち合わせなどやり方は様々ですが、やはり面倒なことに変わりはありません。

「通学免許」と「合宿免許」を比較してみよう

「免許取得にかかる費用」の比較

合宿免許 通学免許 安い

免許を取得するまでにかかる費用は、合宿免許と通学免許でどれくらいの違いがあるのでしょうか?比較してみましょう。

合宿免許
  • 宿泊,3食付きで20万円を下回る自動車学校も。
通学免許
  • 約25万~30万円のところが多い。
  • 価格競争をしている地域だと格安の場合もあり。

という結果になりました。

合宿免許は通学免許と比べると、圧倒的に料金が安いといえます。コスト削減や回転率の良さなどが理由として考えられますが、それ以上に全国の合宿免許と料金比較されているというのが大きいのではないでしょうか。

「免許取得までの期間」の比較

合宿免許 通学免許 期間

自動車学校に通い始めてから、卒業するまでの期間について比較してみましょう。

合宿免許
  • 約2~3週間
通学免許
  • 約1、2ヶ月

という結果になりました。

法令上、MT免許は15日、AT免許は13日以下の日数で卒業することは不可能なのですが、逆にその日数に合わせているようなところも多いです。長期休暇が利用できれば、そ間に普通免許を取得することも難しくなさそうです。

「学校設備」の比較

学校設備 重要

学校設備についての比較をしてみましょう。

合宿免許
  • 学校設備が新しいor気にしているところが多い
  • 料金を安く設定して学校設備は古いところもあり
通学免許
  • 大学周辺の教習所は綺麗な事が多い
  • 全く気にしていない教習所もあり

という結果になりました。この部分は合宿免許、通学免許に関わらずその教習所次第ということになります。しかし合宿免許は全国の教習生がお客さんになる可能性があるため、TwitterやInstagramなどのSNSでの評価を気にする傾向があります。

特にそういったSNSを気にしている(発信している)合宿免許は、学校設備にも気をつかっていることが多いので参考にしてみてください。

コメント