準中型免許を取るなら「2年待って中型免許」を取ったほうが良い3つの理由

運転免許の悩み解決
この記事は約4分で読めます。

今から取るなら準中型免許、それとも中型免許?

普通自動車免許を持っている人でよく悩むのが、上位免許でなにを取るかということ。現在の免許制度では

  • 準中型自動車免許
  • 中型自動車免許
  • 大型自動車免許

の3種類が普通自動車免許の上位免許として存在します。それぞれについて簡単に説明すると、

準中型自動車免許

年齢:18歳から取得可能

経験年数:なし

運転できる車両の大きさ:最大総重量が7.5t未満、最大積載量が4.5t未満

中型自動車免許

年齢:20歳から取得可能

経験年数:2年以上

運転できる車両の大きさ:最大総重量が11t未満、最大積載量が6.5t未満

大型自動車免許

年齢:21歳から取得可能

経験年数:3年以上

運転できる車両の大きさ:制限なし

となっています。

じゃあとりあえず、年齢制限にかからない準中型を取ろうかな・・。

運転免許なんでもQ&A管理人

ちょっと待ってください。

運転免許なんでもQ&A管理人

もしかすると準中型自動車免許は取らずに、2年待って中型免許を取得したほうが良いかもしれませんよ。

中型免許を取ったほうが良い3つの理由

準中型免許を飛ばしたほうが料金が安い

準中型免許を飛ばして中型免許を取ったほうが良い大きな理由として、そのほうが料金が安いということがあります。

自動車教習所の料金は、教習時間と検定の数によって決められています。つまり教習時間や検定の数が少なければ少ないほど料金は安くなるのです。

普通免許→準中型免許→中型免許と段階的に取得する場合

普通免許から準中型免許を取得する場合

技能13時限、学科1時限、検定2回(修了検定、卒業検定)

となります。

準中型免許から中型免許を取得する場合

技能9時限、検定2回(修了検定、卒業検定)

となります。

これらを合計すると、普通免許から段階をおって中型免許を取得するには

技能22時限、学科1時限、検定4回(修了検定×2、卒業検定×2)

となります。

普通免許→中型免許で取得する場合

普通免許から中型免許を取得する場合

技能15時限、学科1時限、検定2回(修了検定、卒業検定)

となります。

段階取得といきなり中型取得の差は

上記を比較すると、段階的に取得した場合は

技能7時限、検定2回

も多く教習を受けることになります。自動車教習所によって料金単価の設定は異なりますが、技能教習と検定の単価を7,000円と考えると

7,000円×9回=63,000円

もの差となりますね。

すごい金額差・・。

さらに段階取得の場合だと、準中型免許と中型免許の時にそれぞれ免許証を交付してもらわないといけないため、平日に2回免許試験場に行くことになります。(当然免許の交付手数料も2回分かかりますね)

それらも加味すると段階取得と直接取得での金額差は、

  • 技能7回、検定2回分の金額差
  • 平日に1回多く免許試験場に行く手間、交通費
  • 免許証の交付手数料が1回多くかかる

となりますね。

・・・(唖然)。

準中型免許は中途半端な大きさの車しか運転できない

準中型免許を取得するのはスキルアップに非常に良いことですが、いかんせん中途半端な大きさのトラックしか運転することができません。

準中型免許で運転できる車両の大きさは

  • 車両総重量 7.5t未満
  • 最大積載量 4.5t未満

となっています。せっかくお金を出して取った準中型免許なのに、昔の普通免許である中型8t限定免許より乗れる大きさが小さいのです。

実際にどんな大きさの車が運転できるかというと

  • 2tトラック
  • 冷凍車(コンビニなどの配送車)
  • 2tユニック(高所作業車など)
  • パッカー車(ごみ収集車)

となっています。

えっ、4.5t未満なのに4tトラックは運転できないの?

運転免許なんでもQ&A管理人

基本できません。

運送業などで多く用いられる通称4tトラック、実は総重量が8t未満ギリギリで作られているものがほとんどで実際には準中型免許では運転することができません。(中型免許が必要になります)

乗車定員が増えるのは中型免許から

またこれも勘違いされやすいのですが、準中型免許では乗車定員は増えません。

  • 普通免許  10人まで
  • 準中型免許 10人まで
  • 中型免許  29人まで
  • 大型免許  30人まで

つまりせっかくお金を出して準中型免許を取得したのにマイクロバスの運転には全く関係ないということになります。

極端な話、準中型免許では15人乗りのハイエースさえを運転することができません・・。

準中型免許がよほど欲しくない限り、中型免許でOK

以上の理由により、よっぽど準中型免許が必要(会社で2tトラックや冷凍車をすぐに運転しないといけない)でない限りは2年待って中型免許を取得した方が良いです。

また、適性条件(20歳、経験年数2年)を満たした後でも自動車教習所によっては、なぜか

準中型免許→中型免許

の段階取得を進めている(というか直接取得をしない)というところもあります。段階取得をすることに教習生はメリットがないため、以下のような自動車教習所の比較サイトを使って、直接取得を行なっている自動車教習所を探した方がお得に中型免許を取ることができます。

免許合宿ライブ

コメント