免許を持っていない人が「普通二輪免許を取るまで」の流れをわかりやすく。

運転免許取得の流れ
この記事は約3分で読めます。

普通二輪免許を取ろう!

風を切る爽快感、あこがれのバイク!

400ccまでのサイズのいわゆる中型バイクを運転するためには普通二輪免許が必要となります。

普通二輪免許は16歳から取得することができるため、若いうちから興味がある人は普通免許より先に取得することも多いです。

ここではそんな現在免許を持っていない(もしくは原付免許持ち)人が自動車教習所で普通二輪免許を取得するための流れを「申し込み~免許取得まで」時系列で紹介します。

免許なしの人が普通二輪免許を取るまでの流れ

入校申し込み

教習所に入るためには、まず申し込みをする必要があります。

普通二輪免許を取得するための条件として16歳以上になっている必要がありますので注意くださいね。

また高校生の場合は二輪免許を取るのに高校の許可が必要な場合がほとんどです。後からトラブルにならないように事前に確認しておきましょう。

一般的に教習所の入校申し込みに必要といわれているものは以下となります。

  • 入校申込書
  • 住民票
  • その他本人確認書類(健康保険証、学生証など)
  • 教習料金
入校申込書・・・
入校申込書については教習所にパンフレットと一緒に準備してあります。窓口に問い合わせてみましょう。
住民票・・・
住民票は免許証情報の元となる大事な書類です。家族が載っていない本人のみで、本籍地が入っているものを取得しましょう。(マイナンバーは省略してください)
その他本人確認書類・・・
教習所では住民票とは別に本人確認書類を求められます。健康保険証、学生証などを準備しておきましょう。
教習料金・・・
教習料金については「申込時」「入校時」など支払うタイミングは教習所によって異なります。事前に金額を問い合わせて準備しておきましょう。

入校日

教習所の入校日については2時間~3時間程度を設定しているところが多いです。内容としては

  1. 適性検査(視力検査など)
  2. 運転適性検査(OD式、K型のいずれか)
  3. 学科①(運転者の心得)

を受ける必要があります。3の学科①についてですが、普通免許を持っていない人は学科教習も受ける必要があります。

第一段階

入校後はいよいよ教習のスタートです。「普通免許なしからの二輪免許取得」の場合は、学科教習と技能教習を並行して進めていくようになります。

普通二輪免許の1段階の教習は

  • 技能教習:9時限
  • 学科教習:10時限

となっています。技能に関しては基本的な運転操作を学んでいきます。

第二段階

普通二輪免許の2段階の教習は

  • 技能教習:10時限
  • 学科教習:16時限

を受ける必要があります。技能に関しては応用的な運転操作を学んでいきます。

二輪の免許に関しては仮免許が存在しないため、すべての技能教習は教習所のコース内で行います。

1段階は二輪専用コース、2段階は四輪教習車も走る一般コースで行う教習所もあるようです。

卒業検定

2段階の教習をすべて終了したら、卒業検定を受けるようになります。

ここで注意したいのは

二輪の卒業検定ではコースを覚えていないといけない!

ということです。四輪の免許と違い、隣に教官が乗っていないためコースを指示する人がいません。(コース間違えは教えてくれますが・・)

なので卒業検定のコースは受験者である皆さんが覚える必要があります。

意外と試される暗記力・・。

本免試験(学科試験があります)

卒業検定に合格すると、卒業証明書を受け取ることができます。この卒業証明書を持って免許試験場に受験をしにいくようになります。受験の内容としては

  • 適性試験(受験が必要)
  • 学科試験(受験が必要)
  • 技能試験(免除

となっています。運転の技能試験は教習所卒業なので免除となりますが、普通免許を持っていないため学科試験を受ける必要があります。

これに合格すれば晴れて普通二輪免許を取得し、ライダーの仲間入りとなります。

コメント